給湯器の水漏れは自分で修理が出来る?出来ない?

給湯器は毎日使うものなので、水漏れトラブルが起きたら大変です。特にお湯を使いたい寒い季節に水のトラブルが起きたり、ガスが使えなくなってお湯が出なくなっては大変です。何が原因で水漏れが起きるのか素人には分からないことだらけだからこそ、日ごろの点検でトラブルを回避しましょう。

■なぜ給湯器から水が漏れるの?

給湯器 水漏れが起きると修理が必要になるのか悩みどころですが、まずは何が原因になっているのか突き止めてみましょう、
考えられる原因として、給湯器の劣化があります。長年使用しているとどうしても老朽化してくるので、水漏れトラブルが起きやすい状態になります。平均的な寿命は10年と言われているので、それ以上経っている場合はトラブルが起きやすいと考えてください。長い間使っていない場合もトラブルが起きやすいことが分かっています。特に寒さが厳しい地域の場合、内部で水が凍ってしまうため氷が膨張したことによって接続部分などが壊れてしまいます。

■給湯器のここを点検してみよう

給湯器の水漏れ修理が必要になる前にやっておきたい点検は、寿命となるポイントを見極めてください。先ほども話したように10年が平均寿命なので、それ以上経っているときは交換や修理が必要になる可能性が高いと言えます。また、給湯器から出てくるお湯の温度が一定ではない場合や、以前に比べて出てくるお湯の量が少ない、本体から大きな音がするなどの異変がある場合も修理や交換が必要になるサインです。

■まとめ
給湯器はガスを使って点火するため、自力で直すには危険が伴うので専門業者による修理や交換をおすすめします。どうしても分からない場合は信頼できる業者に早めに相談することでトラブルを解消できます。万が一に備えて頼りになる業者の連絡先をピックアップしておきましょう。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ