水漏れ修理は蛇口の交換を自分で出来る時代

毎日頻繁に使う洗面台などは、使えなくなると生活に支障が出ます。蛇口 交換は自分で出来るケースもあります。蛇口を交換する方法を知っておけば、万が一の時に必ず役立つでしょう。では、その方法や交換に必要なものを紹介します。

■交換に必要なもの

水漏れの修理として蛇口を交換する場合、必要になる道具は、止水栓を止めたり戻す時に必要なマイナスドライバーや、取り替えたい給水ホースを外す時や新しいホースを取り付けるときに必要になるモンキーレンチがあります。そしてモンキーレンチを使えない場合の六角スパナ、漏れた水をためるバケツなども必要です。


■交換の流れ

水漏れの修理として蛇口を交換するのは案外簡単です。まずは水を止めます。止水栓はだいたい洗面台の下にありますし、万が一に備えて水道元栓を止めておくこともおすすめします。次に洗面台の下にある配管の上と下の端にあるナットをふたつ、それぞれ緩めてみてください。このとき使うのが六角スパナです。配管が外れたあとを覗いてみてください。蛇口の本体部分にナットが固定されているのが分かります。固定されたナットを外して蛇口を取り外します。
蛇口を外したら新しい蛇口を取り付けて修理は完了です。取り外したときにどの順番で部品を取り外したか忘れないようにしましょう。すべての流れが終わったら水の元栓と止水栓を開けて、蛇口をひねってみてください。ひねった直後は空気が漏れるような音がしますが、すぐに水が出るようになります。

■まとめ
一連の流れが完了したあとは、必ず水が漏れていないかもう一度確認してください。道具や部品を揃えることができたとしても、自力で解決できないと悩む場合は、専門知識があり確かな技術を持っている専門業者の出番です。頼りになる専門業者の連絡先をメモしておけば、いざというとき必ず役立ちます。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ