水道修理が必要な水漏れは自分で直せる?

水道 修理が必要になったときのトラブルは、どこから水が漏れているのか冷静に判断することで、状況を素早く改善することが出来ます。ただし、水のトラブルは自力で解決できないケースもあるので、トラブルが起きたとき慌てないためにも、頼りになる専門業者の情報は必ず確認しておいてください。専門業者なら専門の知識を備えているので、どんな水トラブルもすぐに解決してくれます。心強い味方になるでしょう。

■どこから水が漏れてるの?

水漏れの修理は自分で出来ることも多いので、まずはどこから水が漏れているのかチェックしていきましょう。
レバーを持ち上げたときに水が漏れる場合は、レバー下の部分から水が漏れているケースが多いことが分かっています。なかなか気づくことが難しいと言われているのが、止水栓の接続している部分からの水漏れです。水が大量に漏れてはじめて気づくことが多いパターンです。レバー下部分のスパウトからの水漏れは、水を止めているときは問題ないものの、水を出した時に漏れるのが特徴です。レバーを下げているのにも関わらず吐水口から水が漏れてくるトラブルも珍しくありません。

■自分で出来る簡単修理

水漏れの修理を自力で直す方法はたくさんあります。吐水口から水が漏れるパターンはレバー式の蛇口に多く、カートリッジを交換すれば状況が改善します。スパウト部分からの水漏れはパッキンの劣化が原因の場合が多いので、パッキンを交換すれば水漏れが直ります。ゴムパッキンはホームセンターなどでも市販されているので購入も簡単です。


■まとめ
状況を改善するためには交換するための部品が必要になることが多いので、万が一に備えてカートリッジやゴムパッキンは買い置きしておくといいかもしれません。ナットを緩めるためのレンチなども用意しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ